ナールスのエイジングケア化粧品で乾燥肌の予防・改善を!

乾燥肌は、シワやほうれい線、シミや毛穴など、さまざまな肌トラブルや肌老化につながります。だから、健やかな美肌を保つために、乾燥肌対策がスキンケアの基本中の基本になるのです。そこで、今回は、乾燥肌の原因と乾燥肌のケアにおすすめのナールス化粧品についてご紹介します。

乾燥肌の原因

乾燥肌の原因は、内部的な問題と外部的な問題があります。

内部的な問題は、加齢や肌質、女性ホルモンのバランスの乱れや減少、よくないライフスタイル、皮膚病などの病気、間違った洗顔やクレンジング、間違ったスキンケアや化粧品の使い方、精神的なストレスです。外部的な問題は、紫外線による肌の酸化やダメージ、外気の乾燥、急激な温度や湿度の変化、大気汚染、花粉などのアレルギー源です。

このような問題によって、皮脂膜、NMF、角質細胞間脂質の減少により、バリア機能が低下して、水分のバランスが保てなくなって、肌が乾燥してしまいます。

ナールス化粧品での乾燥肌ケア

乾燥肌の基本的な改善対策は、肌を清潔に保つこと、適切な保湿、紫外線対策を徹底し、乾燥肌の原因を取り除き、バリア機能とターンオーバーを正常化することです。そして、肌自らが保湿できる力を取り戻すことが大切です。

クレンジングや洗顔では、しっかりと汚れを落とすことと同時に、アミノ酸系洗浄成分を使った優しいクレンジング料や洗顔料を使って、うるおいを残すことも心がけましょう。

そして、乾燥肌を予防・改善する化粧品成分は、保湿成分と機能性の高いエイジングケア化粧品成分があります。

保湿成分には、水分を挟み込む成分、水分を抱えこむ成分、水分を吸着する成分、水分の蒸発を防ぐ成分があります。最も保湿力が強い水分を挟み込むタイプには、ヒト型セラミドなど、水分を抱えこむタイプには、プロテオグリカンなど、水分を吸着するタイプには、アミノ酸成分など、水分の蒸発を防ぐタイプには、シアバターなどの油分があります。

エイジングケア化粧品成分には、コラーゲンやエラスチンをサポートするナールスゲンやネオダーミル、抗酸化成分のビタミンA誘導体やビタミンC誘導体などがあります。

「ナールスエークレンズ」は、アミノ酸系洗浄成分のクレンジングジェルなので、摩擦が少なく、しっかり汚れを落としながらも、肌のうるおい成分を守るクレンジングができます。クレンジングや洗顔で肌を清潔にした後は、「ナールスピュア」がおすすめです。

プロテオグリカンなどの保湿成分とナールスゲンやビタミンC誘導体などのエイジングケア化粧品成分を配合し、肌本来のもつ力を引き出します。

さらに、ヒト型セラミドやシアバターなどの保湿成分とナールスゲン、ビタミンC誘導体、ビタミンA誘導体などのエイジングケア化粧品成分をバランスよく配合した、エイジングケア保湿クリーム「ナールスユニバ」が、うるおいやハリ・弾力のある素肌へと導きます。

まとめ

乾燥肌の予防や改善の対策を行うことで、さまざまなエイジングサインを予防したり、進行を遅くすることができます。だから、自分に合ったエイジングケア化粧品での対策と、生活習慣など内側からの対策をあわせて行い、乾燥肌の予防改善を心がけましょう。